生活習慣の中で一番大切なことは禁煙です!!

タバコには有害物質が多数含まれており、肺癌をはじめとする様々な病気の原因となります。吸っている本人だけではなく、タバコから流れる煙を吸わされた周囲の人にも病気を引き起こします。

 タバコが有害であることをわかっていながらなかなかやめられないのは、タバコに含まれるニコチンに強い依存性があるからです。「脳の病気」です!禁煙外来では、「ニコチン依存症」の治療として、12週間のプログラムに基づいて禁煙治療を行います。

 自力で禁煙するよりも禁煙の薬剤を使って治療を受けた方が禁煙できる可能性が2-3倍程度高まります。

 今度こそは禁煙したいと思ったら、Web予約あるいは011-522-1020までお電話ください。

軽く考えていませんか?タバコに関連した問題点

喫煙関連疾患には悪性腫瘍や糖尿病、脳血管障害(脳梗塞、くも膜下出血)、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、消化性潰瘍、慢性閉塞性肺疾患、歯周病など多くの疾患が挙げられます。発症すると致命的な疾患や慢性的に永続する疾患が多いです。また、検査値の異常では脂質異常症、高血糖、多血症、白血球増多などが見られます。

早めに禁煙して、疾患を未然に防ぐ必要があります。喫煙は予防できる最大の死亡原因です。

禁煙のおくすりってどんなもの?

つらいと思われがちの禁煙も禁煙補助薬を用いることで、禁煙後の離脱症状が緩和され、比較的楽に禁煙することができるようになります。

日本では禁煙治療に健康保険が適用されており、貼り薬の医療用のニコチンパッチと飲み薬のバレニクリンが使えます。また一般医療用医薬品としてニコチンガムとニコチンパッチが薬局・薬店にて市販されています。

当院では、患者さんの状況をお聞きして治療を選択しております。まずはご相談ください。

健康保険の条件とは

初回の診察で、次の5つの条件を確認します。これらの条件にすべてあてはまれば、健康保険を使って禁煙治療が受けられます。

  1. ただちに禁煙しようと考えている。
  2. ニコチン依存症のスクリーニングテストが5点以上。
  3. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(35歳未満にはこの要件はありません)。
  4. 禁煙治療を受けることを文書により同意していること(受診時に直筆サインが必要です)。
  5. 過去1年以内に健康保険を使った禁煙外来を受診していない。

ニコチン依存症のスクリーニングテストをやってみましょう

設問内容

はい

1点

いいえ

0点

問1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありまし たか。

問2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。

問3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたま らなくなることがありましたか。 


問4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
  (イライ ラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃の むかつき、脈が遅い、手のふるえ、    食欲または体重増加)


問5. 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがあり ましたか。

問6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うこ とがありましたか。

問7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うこと がありましたか。

問8. タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うこ とがありましたか。

問9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。

問10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありまし たか。

合計        

5点以上で保険適応!

ブリンクマン指数を数えてみましょう

  一日の喫煙本数               喫煙年数

[  ]×[  ]=[  ]

200以上で保険適応
35歳未満にはこの要件はありません


禁煙外来にかかる費用は?

自己負担が3割の人は、使用する薬にもよりますが、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程です。

高い!と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、保険適用なら禁煙外来の受診料は月に3000円から6000円程度です。

1日1箱吸っているあなたのタバコ代1ヶ月分より安いんです!

禁煙外来では一酸化炭素濃度を測定します

タバコには、64種類の発がん物質をはじめとする約200種類の有害物質が含まれています。強い神経毒性で喫煙への依存を助長する「ニコチン」、多くの発がん物質を含む「タール」、心疾患のリスクを高める「一酸化炭素(CO)」がその代表です。

禁煙外来では問診や診察の外に、吐いた息に含まれる一酸化炭素濃度を測定します。禁煙を始めると測定値が下がり、効果がはっきりとわかります。


呼気中に含まれる一酸化炭素の濃度は1日に吸うタバコの本数に比例するといわれており、呼気中一酸化炭素濃度測定は、喫煙者に異常が認められる数少ない検査の一つとされています。


基準値は3ppm以下です。20ppmを超えるとヘビースモーカーと診断されます。

外来スケジュール

禁煙外来では12週間にわたり、計5回の診察を受ける必要があります。初回診察の2週後、4週後、8週後、12週後に再診してください。

禁煙外来成功のポイント

禁煙外来成功のポイントは、「治療を中断せずに続けること」です。

途中で、喫煙をしてしまっても、外来を受診してください。一緒に禁煙の方法を考えましょう!

うまくいっていても、最後まで外来を受診してください。最後まで治療を続けることで、より禁煙を継続することができます。

タバコがやめられないのは、タバコに含まれるニコチンの強い依存性が原因です。禁煙外来を受診して、吸いたい気持ちを止めませんか?

今度こそは禁煙したいと思ったら、Web予約あるいは011-522-1020までお電話ください。